ザックリ説明!スペシャルティーコーヒーとは?

今日は、私の周りでもまだまだ認知度が高いとは云えないスペシャルティーコーヒーについて私なりにザックリかみ砕いて説明させてもらいたいと思います。厳しい突っ込みは勘弁してください(笑)

 

はい。と云うわけで珈琲が好きだと云う方でも普通はそこまで突っ込んで珈琲について調べないと思います。だって単純に美味しければそれに越したことはないですからねぇ。でも、やはり自分の体に入る物だし多少は知っていても損はないはずです。

ではスペシャルティーコーヒーとは?

まず生産地や農園、標高などが明確に解ること。各生産地でより美味しい珈琲を作りましょうよと云う意欲あふれる農園の方たちが作った珈琲をアメリカのスペシャルティーコーヒー協会(SCAA)が審査をし、カッピングと云ういわゆる味見をして一定の平均点以上を取った物に与えられるグレードです。日本で云えば、栃木県のコシヒカリ、何々さんちの田んぼで作ったお米だよ。と云った感じで品種だけではなく、どこで作られたかわかる事も消費者にきちんと提示できることも大切なんですねぇ。そして、味は風味豊かであること。

だいたいこんな感じです。要するに「原料の珈琲生豆は美味しくて、何処の馬の骨だかハッキリしてますよ」と云った感じでしょうか?

もっと詳しく知りたい方は、WEBか書籍で調べてみてください。私なんかよりしっかり詳しく書いている方ばかりです(笑)

 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA