テスト焙煎×3

今回は、私のR-101の環境では一体最大何g焼けるのか?実験してみました。それではやってみましょう。

 

まず、最近の私の焙煎量は概ね250g~500gが主流になっています。で、今の焙煎の仕方とは違うやり方で焼いていたときは上限で800gでした。なので今回は、なんとなく750gの投入です。

用意した生豆はブラジル。

DSCF1518

 

コロンビア。

DSCF1517

グァテマラです。

DSCF1516

 

 

ブラジルから焼き始めたわけなんですが、いつもの火力では温度が上がりません。手探りしながら火力を上げていきましたが最大火力まで必要でした。なので、焙煎時間が15分ほどかかってしまいました。R-101では、ちょっとかかりすぎでしょうか?でも味は思ったよりも全然大丈夫でした。やっぱり、煎り上げのタイミングが重要なんだなぁ。

DSCF1523

続いてコロンビアはブラジルで大体わかったので最初から強めの火力でいったんですがまだ、最初が弱いです。こちらは13分強でした。

DSCF1522

最後にグァテマラです。もう最初っから最大火力だ~(笑)

DSCF1521

12分台で上がりました。

う~ん、結果から私の環境では750gは中々あっぷあっぷですね。650g位までが妥当かもしれません。

(因みに私の住んでいる地域は栃木県なので、東日本の電気です。なので西日本の方ならば私よりも容量は多く焙煎できると思います。)

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA