ドリッパーによる味の違い4

今回は三洋産業から出ている、スリーフォードリッパーです。

DSCF1329

 

あまり聞きなれないメーカーかもしれませんがここんちはプロ用製品を扱うメーカーです。

そしてこのスリーフォードリッパーの特徴としては、今回使う101は1人~2人用で抽出口が1穴。102は3人~4人で2穴。103は5人~6人で3穴。なんと淹れる杯数により抽出の穴の数を変えているんですね。これにより抽出量が増えてもすべてのドリッパーで抽出時間を揃えられるんですねぇ。まさにプロスペック!

DSCF1330メリタよりも穴が大きいですね。

抽出はハリオと同じ透過タイプで一定に抽出です。

DSCF1341結果は、

DSCF1347です。

ハリオの時と同じように一定抽出ですが、こちらの方が抽出時間が長いのは単純に穴の径のちがいでしょう。

では味は・・・

香良し。苦み、酸味、甘みも良く出ているとおもいます。メリタのアロマフィルターよりは若干スッキリした印象でしょうか?

さてこれで今回のドリッパー検証すべて終わりました。次回でまとめたいと思います~。

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA