フォグランプがやってきた!の巻。

最近はなかなかに忙しいふりをしてブログを書けていませんが、今回は寝る間を惜しんでR-2のフォグランプを取り付けてみましたよ。

 

 

いやまぁ、そもそも私のR-2には純正でフォグランプが付いていたのですが今年の初め頃バルブ交換をした際に不手際でレンズを割ってしまい応急処置のビニール袋のままだったんです。ところが先の車検の時に保安基準に適合しないぜと、車屋さんに外されて車検を受け、当然そういう適合しない物はお仕事として取り付けてはもらえません。

なので、これを機に重い腰をよっこらせっと持ち上げたわけです。

で、注文後到着したのがこちら。

dscf3305小糸製作所。補修用フォグランプ。

新品なのにとてもお安く買えました。レンズは流石にプラスチックかな?と思っていたらまさかのガラスレンズですぜ!旦那(笑)。

dscf3307他に、なんとノブ式のスイッチや

dscf3308取り付け金具なども入ってます。お得です(笑)。

で、こちらが46年間がんばってくれたフォグです。

dscf3309

dscf3310先ずは台座を借り付けしましてっと、

dscf3311古いフォグランプを外します。

dscf3312そうしたら、台座の位置を合わせて新しいフォグランプを取り付けて配線を繋げて出来上がり!

dscf3313じゃじゃーん!

今までの純正フォグランプより断然明るい感じがします。まだ、実際に走ってないので解りませんが。明らかに、こいつは違うな~と思ったもんですよ。

と、云うわけで旧車に乗ってる皆さんも小糸の補修用フォグランプ。オススメですぞ(笑)。

メグロにも付けようかしら?

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA