続、銅グリス。オーディオ編

先日、R-2での結果が思いのほか良い結果だったのを良いことにこの銅グリス、オーディオにも良いんじゃないかしら?と、試してみました。

 

それでは早速塗り塗りしましょう。

DSCF2098

まずはラインケーブルから。

こんな感じで、両方に塗ります。

DSCF2099

指、汚いですねぇ。

お次はスピーカーケーブル。こちらも、前後ともに塗り塗り。

DSCF2100

 

後は、電源プラグにも塗りました。

で、早速聴いてみたんですが、何やら変わった気がするのは気のせいなのか?確実に情報量がグッと増えた印象が、ボーカルの発音のニュアンスも聞き取りやすくなった気がします(笑)

これは、やってみても損はないのかなと感じました。車や、バイク。オーディオに使えるならなかなかのコストパフォーマンスだと思いますよ。私は貰っちゃいましたけども(笑)

補足

オーディオで使う場合、アクセサリーはなるべくフラットな特性の物を使っていた方が良いと思います。なるべくメッキ処理されていない物など。特にロジウムメッキは良くありません。経験者です(笑)

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA