絶対焙煎とは?

絶対焙煎とは珈琲焙煎を進めていく中で、ほんの束の間のごく僅かの領域で煎り上げる事です。

通常、焙煎は浅煎り~深入りまでの間で焙煎するのが一般的ですがそれですと同じ豆でも浅煎り~深入りの間での味が数種類出来てしまい、お客様はどうすれば良いのか迷ってしまいます。そして仮に浅煎りを選んで飲んでみたら美味しくなかったとして、店主に「好みの問題なので…」と云われたら何だか残念ですね?

絶対焙煎はアラビカ種のスペシャルティーコーヒーの持っている良質の酸味と香りを最大限に味わって頂ける焙煎です。そして、ほぼ同じ焙煎度合い(絶対焙煎領域内、産地によってほんの僅かにポイントを変える)で揃えることで初めて各産地ごとの風味特性の違いを味わうことが出来ます。

そして、どの珈琲を飲んで頂いても美味しいと云うスタートラインがあってその先に好みの問題があると云うのが私の考えです。

是非、風味豊かでニュートラルな珈琲本来の風味をお愉しみ下さい。