納品前の珈琲時間。の巻

先日の朝のこと。

前の晩に夜なべして焙煎から袋詰めまでした我が愛しの珈琲ちゃんを【きらり】さんへ納品してくる前に折角の気持ちの良い朝の時間を満喫したくなったので珈琲セットを持参して出かけてきました。

 

 

とはいえ優雅に過ごせるほどの時間に余裕はなかったので最短距離ではないにしろ、遠回りにはならない道筋で行ってきました。

朝のひんやりとした空気が気持ちよいですね~。

此処を抜けてすぐの処にある空き地で珈琲を飲みましょう。

時間があまりないとは云いながらもお湯を沸かす(笑)。

しかしサドルバックがパンパンですね。箱に詰めた珈琲が其処に入ってます。

さてさて、今回マグカップに直接水を注ぎお湯を沸かしている訳ですが珈琲をこんなんで持ってきたのです。

台所に立つ奥様御用達の出汁パックです。

そう、紅茶のティーバックの如く珈琲バックにしたものです(笑)。実はゆだ屋でも正式にきちんとしたもので商品化していましたが今は廃止中。

で、自分の物なのできちんとシールするのも何なので出汁パックを使ったのですよ。

アッと云う間にお湯が沸きました。

そうしたら、ポンと入れて約2分で出来上がり。

う~ん、贅沢だ(笑)。

と、余り優雅に浸ってられません。

この後サクッと撤収して納品して帰路へと着いたのでした。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA