エスプレッソ・イタリアーノを考えてみる。の巻

エスプレッソ

ここ日ノ本の国では多くの方はすんごく濃くてすんごく苦いコーヒーと云う認識が広まってしまっているんじゃないかと思います。

実際まず、飲み方が解らないと云う方も多いです。

そんな訳で知っている方には今更ですが少々解説させて下さいまし(笑)。

先ずエスプレッソの定義なんですがイタリアでは5種類以上の豆を使うんだそうな。いっぱい使いますね~(笑)。

そう、エスプレッソと云う飲み物の神髄はブレンドなのです。

そしてローストは2ハゼを入れた深入り。深入りにする理由はまた後で。

幅はロースターや目指すものでご自由に。深すぎにはご用心(笑)。

なので以上の事から解るように味はマシン側のセッティング云々で変えると云う事ではなくブレンドとローストで自在に操ると云うことですね。

↑はお客様にはあまり関係ないですが知っている方がためになります。何故なら知っていればシングルオリジンや2ハゼの入っていないエスプレッソを我慢して飲まなくて済みます(笑)。

※マキネッタは2ハゼが入っていないブレンドでも美味しいです。

そして、エスプレッソを呑むときはズッケロ(砂糖)をしっかり入れてまぜまぜしてきゅっと粋に飲みましょう。濃縮されたコクとアロマが口いっぱいに広がり幸せな気分になります。

カップの底に残った砂糖はスプーンで漉くってぺろり。これまたボーノ!

とまぁ、こんなところでしょうか?

また何かきづいたことが有ったら書き留めようと思います~。

おしまい

 

 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA