焙煎機のガス圧計の調整法!の巻

はい、今日は知ってるよと云う方もいるかもしれませんが焙煎機等についているガス圧計の針が綺麗に0を指していない場合の調整法を書いてみたいと思います。(まっ、少しくらいズレてても支障は無いんですが(笑)。)

 

御覧のように皆さんお使いのガス圧計など使っていないときに0を指さずに微量にズレていません?

私のもズレてます(笑)。以前調整したんですが。

さて、此のズレてしまった針をどう調整すれば良いかと云いますと実に簡単至極。

ガス圧計をくるっと回して後ろを見てみましょう。

何と云うことでしょう!

調整法がとても親切に書かれているではありませんか。

説明書きによると計器の上の部分のネジが1つありますが此奴を締めると針が-方向、緩めると+方向へと動くみたいですよ。

因みに下の3つのネジでも動きますが基本は上でシンプルに調整した方が良い筈です。

私の場合は針が0よりも上(プラス方向)へずれていたのでネジを締めました。

すると、

ほ~ら!

綺麗に0位置に収まりました♪

(因みにウチの焙煎機はフジローヤルR-101ですが103、105でもやり方は一緒です。やり難いけど(笑)。)

と云うわけでアタシの計器も0を指していないわよなんて其処のアナタ!是非お試しあれ。

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA