直火か半熱風か?

今回は、余っているお豆さんたちを焙煎です。ところで、よく焙煎機は直火が良い、いやいや半熱風でしょ?というお話をよく聞きます。実際どうなんでしょうね?

DSCF1375

 

結論から言ってしまうと、特に味に影響はないように思いました。

(主観です(笑))

あ、熱風はわかりません。比べたことがありません。

じゃあ何がちがうんだい?という話になりますが、操作(焙煎)の安定感だと思います。ブレやすいか?ブレにくいか?

ブレにくいのは、構造上やはり半熱風ですね。そして釜の容量が大きいほど安定してきます。これは、間違いないと思います。そう感じました。

ただ、私の焙煎機はフジR-101直火です。ブレブレです(笑)直火で1kg機ですからね~。買ったときはそんなことは知りませんでしたから仕方ありません。まぁその気になればドラムだけ半熱風用を買えばいいらしいですよ?車やバイクのオイル交換を自分で出来る人ならば誰でも出来ると思います。

なので今、自分でまた焙煎機を買うならば絶対に半熱風を選びます。そして、やはりプロバットに憧れるわけです(笑)なんか相当安定感が良いみたいですね?ただやはり値段が・・・

それはさておき、今回焙煎したお豆さんたちはこちらです。

DSCF1371

と、

DSCF1372と、

DSCF1373です。なんだか乱暴な書き方ですが、焼き上がりは・・・

DSCF1377グァテマラ。

DSCF1376コスタリカ。

DSCF1374タンザニアです。すべて同じ焼き加減です。やはり焙煎後、2日3日位置かないと味が安定してきませんね~。安定してくると甘みがグッと出てきます。それぞれ美味しかったですね。以上。

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA