R-101半熱風仕様テスト焙煎

はい。組み終わったら早速チェックです。

 

用意したお豆さんはこちら、

DSCF1682

DSCF1683

DSCF1684

です。

まず、コロンビアを深入りで焼いて何度で爆ぜるかチェックします。

ボトム、125℃。高い(;´∀`)

1ハゼ155℃、2ハゼ176℃。低い(笑)

ダメだー。全然プロファイルが直火と違う。

DSCF1685

続いてケニアを投入温度を下げてダンパーも少し開いて焼いてみます。

ボトム116℃。1ハゼ151℃です。低い(笑)

DSCF1686

コスタリカ。今度は、サイクロン直後から煙突を抜いて窓からダイレクト排気で。

ボトム。118℃。1ハゼ150℃。うーん、低い。

DSCF1687

くそう(笑)どうにか対策を練らねば。

温度計のセンサーが悪いのかなぁ?排気が弱すぎるということもなさそうだしなぁ。まいったなぁ。

 

コメントを開く

R-101半熱風仕様テスト焙煎」へのフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA