たかだか3%の実力?の巻

三洋産業CAFECブランドのアバカペーパーフィルター白。

およそ2週間ほど使い続けて感じた感想です!

此れまで当店で使っていた(今も使っている)紙は此方、おいしい珈琲屋のコーヒーフィルター。白。

100%バージンパルプ。

紙の質も良く、紙臭さもなく珈琲粉も詰まりにくいとても良いフィルターです。

では、後発のアバカフィルターはどうなのか?個人的に麻と云う繊維が好きなだけに気になっちゃいました(笑)。

でもね、其のアバカフィルター。上記のフィルターにどのくらいの麻が織り込まれているかと云えばたった3%ですよ。

おいおい!そんなんで何か違いが出るのかい?

と云うわけで使ってみたのです。

見た目的にはアバカの方がやや凹凸が小さいかな?パルプより繊維が細いのが関係してるのか?

触るとパルプに比べアバカはパリッとしたハリが感じられます。

淹れてみてはどうだったかですが、正直違いが出るとは思っていませんでした。が、ん?ちょっと良いんでないか?と云うのが第一印象。

最初はブラジル手摘み完熟豆を飲んでみたのですが、いつもより少しコテっとしたコクと味わいが感じられました。

おいおい、本当かい?と自分を疑い一通りの種類の珈琲で試しましたがやっぱりコクと味がしっかり出てるんだよなぁ。

確かに麻って繊維に成分が沁み込みにくい筈ですから上記のような現象もあり得るはず。

そしてたかが3%と云う比率がやり過ぎない丁度良い塩梅なのかもしれませんね。

三洋産業CAFECアバカコーヒーフィルター。

気に入ったぜ(笑)。

そんな訳でこちらの商品は、取り扱い決定したいと思います。

12月中には販売できると思いますのでよろしくです~。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA