SCAJ2017。の巻

9月22日。

この日は毎年、お江戸で行われているSCAJと云う珈琲の商社やらなんやらが一堂に集まって自社の商品紹介をしたり日本全国からロースターやらバリスタやらが集まって1番を決めたりするイベントを覗いてきました。

 

時短のためにも贅沢ですが新幹線で(笑)。

相変わらず速い乗り物だ!

そんな訳で栃木から約1時間で東京駅に到着し、慣れない大都会の駅ですっかり迷うこと30分でようやく目的のバス停の場所を発見(笑)。

バスに揺られて40分くらいで東京ビッグサイトに到着です。

手続きを済ませて早速会場入り。

なんと高級豆でお馴染みのジャマイカブルーマウンテンの試飲もやっていましたよ。

ありがたく頂きました!

が、焙煎が浅すぎて正直美味しくなかったな。

その他、色々なブースで試飲させてもらいましたが正直美味しいと思ったのは此のご婦人の淹れてくれた珈琲ね。

エチオピア。

伝統的な抽出で淹れてたっぽいです。

日本人はみんなブラックで飲んでたんですが一緒に座ってるエチオピア人はミルクと砂糖をたっぷり入れていました。きっと其れが現地流なんでしょう。多分ですよ。多分(笑)。

そうそう、ゆだ屋でお勧めしている三洋産業さんも出店していたので覗いてみました。写真は撮っていませんが。

色々お話しさせて頂いて生意気にもスリーフォードリッパーの102の弱点の事などもお話しさせて頂きました。あ、其れと陶磁器製のドリッパーで製造年によって若干穴の大きさが違うことがある現象については三洋さんでも心得ているようでしてどうしても手作業の部分があるので仕方がないと云うのが現状のようですよ。いやしかし、直接お話が出来てとても良かったです。

続いて今回の目的でもあるWEGAのブースであわよくばレバー式エスプレッソマシンを触らせてもらえないかと云うことで行ってみました。

此れは自動ね。

此れがレバーマシン。恰好良いなぁ。

何やらアマルやCRを連想させる造形です。

さて、なんとご厚意で此のレバーマシンで抽出体験させてくれました。

若きバリスタさんに優しく教えていただき無事抽出完了。

面白い!

良いな。良いな。

残念だったのは豆が自家焙煎の豆では無かったこと。

と云うことで一通り終わった処でイタリア人のおねーさんからWEGAのキャップを頂いちゃいました。あとネックストラップも。

もうこの時点で目的を果たしたので帰っても良かったんですが折角来たのだからもう少し見てみる事にしました。

つづく

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA