那須へちょこっと用足しなのだ!

先日、我が細君に時間を都合して貰い現在構想中のことの一部を少しでも進めるべく那須町へ向かいました。その先とは何処や?

 

と云うわけで、到着したのが此方。

那須町で薪ストーブやログハウスなどの展示販売を展開しているオリバートレードさんの展示場へとやってきたのでした。

そうです。「ゆだ屋」の店舗の候補例の1つとしてオリバートレードさんの輸入販売している簡易的建築のログやパネルハウスを実際に見に来てみました。

それでは、見ていきましょう。

先ずは、一番私が惹かれていましたフィンランドログ。此方の奥2つは床面積8帖が標準仕様。流石にそれでは狭いと感じていたら奥行きを通常3.6mから6mに延長可能のようです。それならばギリギリ有りかな?と、思っていたところオリバートレードさんのおっちゃん曰く「こいつは、やっぱり標準で考えられてるから延長するとログの強度不足で歪むよ。」とのことでした。サイズを延長するならば、標準の1.5倍から2倍は必要のようです。しかし、そうなると建築基準法の関係でお得な価格での普請とはいかなくなり通常の普請と変わらなくなると。なるほど。実際に話を聞かないと分からないことですね~。此れだけでも来たかいがあったってもんです。

パネルハウス。2×4はどうか?

一番手前、「耳をすませば。地球屋」の未ミニチュアサイズ版と云った感じでしょうか(笑)?

個人的には見た目はそこまで惹かれませんが何しろ天井高が魅力的。室内に入った時の圧迫感が他と比べてまるでありません。

此方も、通常の奥行4.8mから最大で7.2mまで延長可能のようです。しかも此方は2×4構造なので強度も問題なし。魅力的で御座る(笑)。

他はやはり天井が低く圧迫感を感じますね。ガレージや個人的なアトリエならば良いんですが店舗としては✖です。

此方は展示現場の事務所です。

ひとしきり色々とオリバートレードさんのおっちゃんとお話させて頂きかなりの情報収穫がありました。そして、此のおっちゃん。昔はマツダ キャロルを転がしていたようで北越~信州などを旅してまわっていたようですよ。私のR-2を見て懐かしそうにしてました(笑)。

そんな訳で展示場を後にしまして、折角那須まで来ているので那須街道沿いにあるアンティーク古布の店「ガロ」さんへ寄ってきました。

此処のオーナーのマダムには私がゆだ屋開業前からすごく応援して頂いていてとても感謝している方の1人です。最近はなかなか時間が取れず、行けていなかったので近況報告をしてきました。お元気そうで良かったです。

そうそう。此処「ガロ」さんではお客様に出すコーヒーサービスはゆだ屋の珈琲を使って頂いているんですよ。気になる方は是非に(笑)。

と云うわけでほんの数時間、とても収穫のある時間を過ごせましたとさ。細君には感謝で御座る!

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA