そんなに飛び散るかえ?の巻。

何時か書こうと思っていたんですがね旦那、手前もすっかり忘れていた話をば。

先日お客さんとの会話で思い出したんで忘れないうちに書いとくんで。

いえね、フジコーさんの人気者R-220等のあのタイプのミル。

結構微粉が飛び散って酷いなんて話を聞くんで。

でもね旦那、そんなことを云ってる方の殆どがこ~んな使い方をしているんですよ。

そうなんで。

純正の受け皿を使わないんで。

写真は手直のピッチャーを使っただけですが大体こんな感じなんで。

何故にみんなこういうスタイルなのか?

そりゃね、なんかオシャレ感あるとは思いますがね。

此奴解ってんなと思わせたいならこうです。

何故なら、

蓋の上に静電気によってしっかり微粉をキャッチする機構が仕組まれてるんでさ。

せ~っかくメーカーさんがしっかり作ってるのにわざわざその機構を使わず微粉が酷いんだなんて話はナシよってなもんです。

オシャレ感を取るか?実用主義を通すか?

何方でも良いです。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA