仕事の合間にサンプル焙煎。ブラジル 手摘み 完熟の巻

上の画像はサンプルとは関係ありません(笑)

今回は残り1つになったサンプルを焼きました。

ブラジル 手摘み完熟です。

しかし、此の記事書いておいてすっかりアップするのを忘れてましたよ(笑)。何時の記事だったかしら?

 

 

なんだかブラジルばかりサンプルを取っているように感じますが、ブラジルばかり狙って取りました。私の主観ですがやはり珈琲のもっとも基準となる味はブラジルかと思いまして。このブラジルを基準として、ここからもっと苦みが欲しいとか、酸味が欲しいとか自分の好みの方向性が見えやすくなると思うわけです。

はい、手摘み完熟の味のほうは御多分に漏れずブラジルらしいナッツ系の香味。甘さは以前のブルボンクラシコとは特徴が違いました。手摘み完熟のほうはスィートな甘みを感じます。微かにキャラメルを思わせる風味も感じました。

今回、この手摘み完熟は期待度はあまり高くはなかったのですがかなりグッときました。

しかしブラジルばかり商品が増えるのもアレなので買いませんが、機会がきたら取り扱ってみたいですねぇ。

DSCF2510

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA