ブラジル国民珈琲事情。の巻

先日は熱い中、ブラジル人のお客様お二方がご来店。

ブラジル人的、珈琲の飲み方など色々教えていただきました。

先ずは当店の珈琲は何処のかい?

と云うので

ミナス・ジェライスのセラード地区よと云うと

あら、其れは高級品ね

と云ってました。

 

そう、珈琲生産大国ブラジル国民の多くは海外向け高級品種は殆ど口にしたことが無いらしいです。

そして結構自分で焙煎をするらしい。

けど勿論アナログな手回し焙煎なので何時も同じ味にならないんだと笑ってました。

そして珈琲の淹れ方はと云うと、ネルドリップが主流なんだって。

ただ、其之淹れ方は日本とは違い粉はエスプレッソ用位細かく挽いて淹れるそうな。

で、抽出も2パターンあって。方やサーバーとネルが離れた状態で淹れるのとカントリーではサーバーの珈琲にネルが浸かった状態で淹れるやり方があるんだって。

そして粉も純粋に珈琲豆だけを使う場合もあれば、何とトウモロコシの粉等を焦がしたものをブレンドしたものもあるらしいです(笑)。ただ、其れは苦いだけだって(笑)。

そして砂糖をたっぷり入れて飲む。デミタスカップで!

何時だって私たちはホット珈琲ヨ

日本に来て冷たい珈琲を見てビックリしたわ

だって。

そんなお話を聞かせてもらいながらネルドリップやら焙煎機やらの写真も見せてもらいました。

 

で、当店で取り扱合いのブラジル2種類の香りを嗅いでもらって選ばれたのは手摘み完熟豆でした。

だいたい其れで好みは解りました。

と云う訳で、とてもワクワクする話を聞けて愉しかったです。

と云う話でした。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA