つづき…。の巻

そんな訳で旦那。ブラジルなんで。

ブラジル キャラメラード

旦那。

此のブラジル。名前がキャラメラードじゃないですか?

なんで味がキャラメルを連想しちまいがちなんですがね、残念ながら味はキャラメルは感じないんで(笑)。

キャラメルのようなコクなんで(笑)。

因みにメラードは蜜の意味らしいんで。

で、実際に手前が頂いた感想なんですがね。

先に行ったようにキャラメルや蜜のような香りとまったりとしたコクを感じるんで。其処に良い質の酸味を少し含むもんで其の香りが引き立ってる感じですか?そんで其のコクが余韻で長く残るんですよ。甘味は手摘み完熟豆には正直敵わないんで。

程よい香りとしっかりとしたコクを感じる珈琲ですかね?

え?旦那。

キャラメルのような味わいの珈琲は無いのかって?

其れなら旦那、断然ケニア マサイAAなんで。

此れは焙煎後の早熟期ではパンチが効いた珈琲なんですがね、熟成が進んで行くとパンチが取れて柔らかくなるんで。

で、余韻で口に中にキャラメルのような風味を感じるんで。此れは感じよう感じようと思ってるときよりも何気にふぅっとしたときに感じやすいんで。

おっと、話が逸れてしまいましたんで(笑)。

そんな訳でゆだ屋さんでは今、ブラジル3種類なんで。

手摘み=甘さ

キャラメラード=コク

ヴィーニョ=ワイン果実感

迷っちまうんで(笑)。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA