CoffeeBagで始まりCoffeeBagで終わる…のか?の巻

自分自身が使いたくて商品化したコーヒーバッグ。

お陰様で沢山の方から好評を頂いております。

さて、タイトルの意味ですがこれから自身で珈琲ライフを始めようと思っているお客様(器具がないため)がお試しで買って頂くことも多いです。

珈琲を趣向品、趣味の一つとして捉えられる場合はお気に入りの道具で淹れる珈琲の時間は格別なものが在ると思います。

豆を挽く時間…。

お湯を沸かす時間…。

ドリップする時間…。

切らしてしまった豆を買いに行く時間…。

たった1杯の珈琲を喫するためにわざわざ時間をかけるのはその時間がきっと愉しいからなんじゃないかと思います。

当店では何もわからない状態のお客様やなかなかうまくドリップが安定しないと云うお客様のお手伝いをワークショップと云う形でお伝えさせて頂いております。

無駄なものは削ぎ落したシンプルな道具と考えをもとにお伝えさせて頂いてます。

唯、その第一歩としての選択にコーヒーバッグは気楽で良いと思います。

 

そして逆に、ご年配の方や散々色々な道具で珈琲を愉しまれてきた方は1週廻って楽して美味しい珈琲を愉しみたい…。

と云う意見を耳にします。

そして珈琲バッグの存在を知り試して頂くと気に入って頂けます。

かく云うワタクシ自身もキャンプが好きでよく行っていたころに最初の内は豆から挽いての1杯を愉しんでいましたが回数を重ねるたびに道具を削ぎ落していきシンプル化していく中で珈琲も簡単に…。と云う事で珈琲バッグを作ったのです。

そんな訳で珈琲の愉しみ方は千差万別。

その時の自分の気持ちや環境で変化していくものです。

平日は忙しいからコーヒーバッグ。

週末はじっくりドリップ。

何てお話もお聞きします。

そんな中で「やっぱりwabisukeさんの珈琲が良いんだよ」なんて言葉を聞くともう嬉しいのなんの(笑)。

沢山のお客様に喜んでもらえるよう改善出来る処は少しずつでも改善していきます。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA