浅煎りはやっぱり難しい…。の巻

先日、ultimateroast(浅煎り)についてとても参考になる意見を頂き刺激を受け針穴を通すが如くの煎りあげ方をしっかりと再度見直してみました。

先ずは、机上の理論をペンで紙に美しくない字で書きあげこうすれば良いんじゃないかと云う事を精査する作業です。

で、実践(焙煎)。

試飲(抽出)。

を繰り返します。

 

 

…。

 

 

 

ブラジル・カフェヴィーニョを焼いてみると、此の豆は浅煎りに向かないと思っていましたが此れが美味しいじゃぁ無いですか。

 

此れならば、大体のお豆さんで美味しい浅煎りコーヒーを出せるかもしれません。

ま、少しずつやってみます。

だもんで、3月はカフェヴィーニョの浅煎りやっちゃおうかしら?

 

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA