WEGAさん、ガスケット交換。の巻

WEGAのグループホルダーガスケットを交換しようと手元に届いて既に半年ほど経過しておりました…。

騙し騙し使っていましたがここの処3連のグループの内、真ん中のガスケットが圧力漏れが著しかったのでいよいよか。

と思い早1月…。

グループのホルダーガスケットが駄目になってくると締め込み位置がだんだん右へと移動していきます。

其処に加えてガスケット自体が高熱や時間とともにゴムが硬化してきて抽出圧力に耐えきれずに漏れちゃいます。

なので本当は大体1年に1回位のペースで交換したいものですが、なかなか時間が取れないのを言い訳に此処まで使っちゃいました。

では、早速交換していきましょう。

交換は至って簡単作業です。

グループをしたから覗いて奥に見えるカチカチに固まった黒いゴムリングをマイナスドライバー等をうまい事ねじ込んで外しますが、完全に硬化している場合は最初の一部を崩してあげましょう。

後は崩れたところからほじほじしてあげれば綺麗に取れるはず。

こんな感じでボロボロと崩れ落ちてきます。

なので下にはウエスなどを敷いて作業した方が賢明で御座います。

綺麗に取れたら濡らしたタオル等で綺麗に拭いてあげましょう。

それから写真左の新品ガスケットちゃんを入れて、仕上げにホルダーをセットしてガスケットをしっかりとハメてあげれば完成です。

ウチのWEGAさんは3連なので此の作業を×3です。

此の位置だったのが…

こうなりました。

レバーマシンでもポンプマシンでも自分で交換すれば数千円です。

1連ならちょっと美味しいランチ食べるくらいです(笑)。

 

今回、手が痛くなったのでカチカチに硬化する前に交換してあげようと密かに心に誓いました。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA