フジローヤルの珈琲ミルが値上げなのだ!

当店でも大変お世話になっている富士工機(フジローヤル)さんがこの度、4月1日より珈琲ミルの値上げを発表しております。私が確認した処ではR-220 R-300 R-440は値上げだそうです。その上のモデルについては覚えてません(笑)。だって自分には高値の花すぎて買えませんから!

購入を検討されている方はこの機会に是非にも買ってしまった方が良いと思います。確か軒並み+2万円位になる筈です。3月一杯までの注文ならば現状価格で購入できるみたいですよ。

当店では現在R-220を使用しております。R-300買います。

 

 

さてさて、現在使用中の此のR-220。かれこれ6年ほど使用しておりますが全くへこたれません。

今日は此のR-220のおすすめポイントについて書いていきたいと思います。

皆さんやはり電動ミルを購入するに当たって価格はとても重大なことと思います。同形状で同じ大きさの他社さんの珈琲ミルは半額くらいで買えますよね?

でも、安いからと云って其方に飛びつくとお痛い目に合うのです。

其之1

刃の耐久性

R-220は臼式のミルで、出来るだけ大径の臼にすることで小径の場合に比べて1回転する距離が長いので同じモーターの回転数でも承継の臼よりもより多くの豆が挽け、なおかつ豆への熱摩耗のダメージもとても少なく済みます。引きの時間も早い。臼式はカット式よりも刃の耐久性に優れます。粉の粒度も良い。カット式は結構バラつく。

其之2

モーター

他社さんのミルとカタログの重量を良く見比べてみて下さい。R-220は重いです。

此の重さはモーターの重さなんですが、それだけ大きいモーターを使うことで大きな刃を余裕をもって動かしモーター自体の連続使用の耐久性も上がるんですね。だから業務用として使ってもへこたれないタフさを持っているので良くカフェなどでも使われるんですね。

なので長い目で見れば、メンテナンス費用や部品耐久性の長いR-220を買ってしまった方が他社さんのミルを買うより安く済むはずです。・・・と、何やらフジローヤルの回し者みたいにべた褒めですが実際に良いのですから仕方がありません(笑)。

なので値上げ前に検討中の方は行ってしまった方が良いと思いますよ~。

と、云うお話でした。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA