Un caffe corretto per favore!の巻

イタリアにはさまざまな種類のカッフェが存在しますがお酒の種類も結構あるみたいですね。(私、全部は解ってません(笑)。)

で、エスプレッソにお酒を少量加えたものをカフェ・コレットといってとても親しまれているようです。

主に使われるのはグラッパかサンブーカが多いようです。

勿論、他のお酒でも構わないみたいですが…。

此処はやはりイタリアの酒が良いじゃあありませんか?

因みにグラッパはワインを作るときに出る葡萄の搾りかすで作る蒸留酒。ワインが高級で飲めない農民が作って飲んでたそうな。

サンブーカはリキュールに分類される混成酒。甘いお酒です。

今回はグラッパでカフェコレットを作ってみました。

使うグラッパはスッキリ系が合う気がします。

シングルショットのエスプレッソにグラッパ1ショット。

先ずはアツアツのエスプレッソにズッケロ2袋入れちゃいましょう。

そして良く混ぜたら今度はグラッパを「うぇい!」っと一気にカップに注ぎ軽く混ぜたら召し上がれ。

アルコール入り葡萄風味チョコレート。かしら?

エスプレッソもグラッパもチビチビ飲むものじゃないのでカフェコレットもあまり時間をかけずに飲むのが粋なんじゃないでしょうか?

車の運転をする場合は飲んじゃ駄目よ。

 

※今回紹介した飲み方以外にも先にエスプレッソを先に飲んでカップに溶け残った砂糖にグラッパを入れてより酒寄りにして飲む場合や、別々に飲んで愉しむ場合もあるようです。要するに自由に飲んでよいと云う事です(笑)。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA