ライ麦95%のパンでミネストローネのような物を作る。の巻

先日の焙煎処営業日。この日は朝、早起きして河原に焚火料理でもしにいこうかしら?な~んて考えていたのですが前日、色々と用事を済ませていたらAM3:00。予定では3時半から4時には起きだして出発しようとしていたんですが果たして起きれるのか(笑)?

 

はい。結果は見事寝坊でした。

全く体が動きませんでした(笑)。

 

さぁ気を取り直して焙煎処を開けましょう。

この日は新規のお客様のご来店がありました。感謝です。

90年代前半の素敵なハーレーでご来店。

色々お話を聞くと、とても共感できる趣味の持ち主の方だなぁと思い嬉しくなっちゃいました。

なんと車も私と同じ360cc(車種は違います)。

秘密の取引もさせて頂き、この後お客様はツーリングへとお出かけになりました。

さてさて、お客様もお帰りになってお昼近くになったのでもう流石にお客様は来ないだろうと云うことで焚火料理のために用意しておいた材料でレッツらクッキング!

 

使う材料は、トマト・ネギ・ソーセージ・ニンニク・塩・コショウ・オリーブオイル・なまけもののパン屋のライ麦パンです。

先ずは、材料をちぎったり切ったりしながらすべて鍋へ投入。

オリーブオイルを絡めて少し炒めます。

で、其処にお水を入れます。

煮込んでいる間に、パンを切りましょう。

刃に生地が絡みついてきますよ(笑)。手強いパンだぜ(笑)。

そしたら其のパンをスープへ適当にちぎり入れます。

まぁ、いささか見た目は良くないかもしれませんがパンが柔らかくなるまで煮込んだら塩コショウコンソメで味を調えて完成です。

では、頂きます。

いや~、うまい!

パンに味が染み込んで美味しい。

そして、そのパンが煮崩れてスープにとろみがついて此れもまたうまし!

何て言うか、洋風のきりたんぽ鍋みたいな感じでしょうかね?

 

今度こそは外で作って食べたいものです。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA