久しぶりにワクワク…。の巻

2021年最後の日は午前中だけちょこっと一人で出かけてきました。

最初はここ…

那珂川町にあるライクロンさん。

ここのお店はライダーさん向けのアパレルを扱うお店です。

県外からも多数のお客さんが来るお店です。

ここのオーナーさんとは数年前からの知り合いでして今回、寫眞にも映っていますが2022年の4月24日に開催予定の大田原コーヒーピクニック&カフェレーサーミーティング

の案内協力をして頂けるということで2022年度版大田原コーヒーマップ(コーヒーピクニックの案内も少し載ってます)を置かせて頂きました。

詳しいご案内は改めて別記事で…。

(まだ出展者さんも確定していないみたいなので)

この時オーナーさんにお聞きして初めて知ったのですがライクロンさんの近くにメグロが店内に鎮座するカフェがあるらしいです。

そしたら其処のカフェのオーナーさんはなんとwabisukeにも何度かご来店してくれていたメグロオーナーのご兄弟だそうな。

手前もぜひ、myメグロはんで行ってみたいものです。

 

ライクロンさん、ありがとう御座いました。

 

そんな訳でライクロンさんを後にして次に向かったのは那須烏山市のクローズバイクさんです。

ここでもご協力頂けるということで置かせて頂きました。

ここに来るのも数年ぶりです。

snsで知ってはいましたが後ろにある只ならぬ車両…。

1930年代のfordだそうです。

恰好良いです。

バイク屋さんの店主がこんなの乗ってるなんて素敵が過ぎます(笑)。

ご厚意で色々と見せて頂きました。

昔の車両のラジエーター。

機能とデザインの融合。

ラジエーターキャップも素敵です。

ここはトランクルームになっていて相当荷物が入りそうな空間でした。

本来はここにもシートがあって室内2名外2名の荒々しい仕様みたいです(笑)。

エンジンちゃんは4気筒3リッター位でしょうか?

手前はここいら辺には明るくないので良く図りません…。

異様にインテークマニホールド長くないですか?

キャブレターは漢らしいファンネル使用でした。

奥に見えるスロットルワイヤーがまた良いですね。

ドアを開けるとステップにはフォードのプレートが。

ペダルはこんな感じです。

クラッチがとても重いのが印象的でした。

メーターも何とも言えない恰好良さを醸し出してました。

下の2つは追加メーターですかね?

ミッションは3速だそうです。

 

こんな車運転出来たら絶対愉しいに決まってます。

とても良い目と心の保養になりました。

 

事務所にはこんなものまで…。

80年代にKawasaki社内のレース部門で製造されていたレース用メグロエンジン。

クローズバイクさんはこのエンジンに合わせて2022年は車両を作りレースに参戦することを目論んでいるそうです。

 

クローズバイクさん、ありがとう御座いました。

 

私もモーガン3ホイーラーかminiKADツインカムかアバルト1000TCRを転がす粋なコーヒー屋のオジサンになりたいものです。

 

さて、そんな訳で2022年4月24日(日)は大田原市のなかがわ水遊園で大田原コーヒーピクニック&カフェレーサーミーティングです。

コーヒー好きの皆さん、motorcycle好きの皆さん、その何方も好きな皆さんぜひ足を運んでくれたら嬉しく思います。

きっと愉しい時間を過ごせる筈です。

おしまい

コメントを開く

久しぶりにワクワク…。の巻」へのフィードバック

  1. 素晴らしいですね。
    100年前のフォード、100年って凄い時間ですからね、感動しました。
    NASU FOREST WATCHのオジサンより。

    ※寒い日が続きますがお風邪など召されませんように(^^)/

    1. 時を刻んだ存在感はやはりとても惹かれるものが在ります。
      ※お気遣いありがとうございます。そちらもとても寒いようなのでお身体労わって下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA