パボニさん、プレッシャースタットを交換する。の巻

今回の事例はプレッシャースタットです。

プレッシャースタットはエスプレッソマシンのボイラー圧を何barにするかを設定し圧力を設定内で安定させるスイッチです。

それでは交換してみましょう。

先ずはパボーニ本体をひっくり返します。

すると裏蓋が1本の螺子で止まってます。

星形の奴です。サイズはT20。

その螺子を緩めてあげれば裏蓋が外れます。

 

寫眞の丸い部分がボイラー下部になります。

其処から1本の銅管が伸びた先についているのがプレッシャースタットです。

此れですよ。

此れを交換。

と、その前に…。

プレッシャースタットに付いている2本のコネクターを外します。大丈夫とは思いますが印をつけておくと安心です。

銅管側のナットをスパナ等で固定し、もう1本のスパナ等でプレッシャースタット側のナットを緩めていきましょう。

外れたら新品の物と交換。

と、念のためシールテープを張っておきます。

後は、逆の手順で組んで行けばお終いです。

か~んたん!

慣れれば5分です(笑)。

 

ところで此のプレッシャースタットは圧力が任意で変えられます。此の部品が付いているエスプレッソマシンは全てです。

デロンギさんは残念、出来ません。

その場合、圧力計がないと指標がないので大変危険です。

此の調整法はまた、別の機会にでも…。

 

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA