パボニさん、安全弁を交換する。の巻

ここ最近、パボニさん(パボーニ)ネタが続いていますが今日もなんです御免なさい。

で、今日は安全弁の中身の交換の仕方です。

16mmのスパナ若しくはメガネ1本で交換出来ちゃいます。

16mmね。

写真中央の隠れ気味のナットの部分が安全弁です。

この人がボイラー圧が上がり過ぎた時に「プシュー」っと圧を逃がしてくれるんで。

マキネッタ(モカポット)の出べそと同じ役割です。

マキネッタは此の出べそしか安全弁が付いてませんがパボーニはサーモスタットも付いてるので一定以上の温度にならないようになってます。

 

保険が2つ付いてるのでより安心感があります(笑)。

※気を付けたいのは自己責任でP.I.D制御を入れてスチームのパワーを上げるために極端にボイラー圧を上げている方も居るようですがもしも安全バルブが固着して機能していなかったら…。大爆発です。パボーニでは上げてもやはり1.2barまでにしましょう。パボーニのグリーンゾーンは0.5~1.1barです。

で、話が逸れましたが隠れ気味のナットを外します。出来ればメガネがしっかりトルクが掛かるので良いかと…。

あ、スチームワンドも外しておくと作業しやすいです。

此れが安全弁の中身です。

バネがダメになっていたりガスケットのゴムリングが硬化していると圧力漏れで此処から蒸気が出っぱなしになってしまいます。

そんな時は用交換ですよ。

あと、稀に其の2か所が大丈夫でも金色の部分がほんの少し大きくて引っかかってしまう事もある事例が出ています。

めったにある事ではないと思いますが…。

当店でお買い上げ頂いたお客様には保証期間内なら無償交換致します。

保障期間が過ぎている場合は部品代+工賃(自分でやればタダ)

当店でお買い上げでない方はごめんなさい。出せまへんねや。

 

で、其処を新しい部品と入れ替えてまたナットを被せて締めればあっという間に作業完了です。

簡単でしょ?

この作業、一度電源を入れた後にやると本体が熱々ですので気を付けましょう(笑)。

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA