貴方は英国式?其れとも米国式?

今日は、珈琲カップの置き方についてちょっとした豆知識。

ご存知の方も多いとは思いますが、珈琲や紅茶を注文して出されたときにカップの持ち手は自分から見て右と左、どちらにきているでしょうか?

 

 

このように持ち手が右側で置かれている場合はアメリカ式の置き方とされています。飲み手の所作が少ないようになってます。

続いて此方は英国式。

砂糖やミルクを入れる入れないは関係なくカップの持ち手は左、スプーンは右手で持てるように置かれます。

砂糖やミルクを入れる場合、右手のスプーンでかき混ぜるわけですがこの際にカップを左手でスマートに添えられるように持ち手が左にきているんですねぇ。その後、スプーンをまたもとの位置に戻してソーサーを180度回転させれば・・・

このようになる訳ですね~。

流石は紳士、淑女のお国です。紅茶や珈琲を嗜むときもスマートです(笑)。

皆さんも行きつけのcafeではどちらのスタイルで出されるかちょっと注意して見てみるのも愉しいですね!

おしまい

 

 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA