イタリアで車を見てみる。の巻

今、とても大変な時期を迎えているイタリアですが(世界的にも)今日はイタリアで見て来た車事情を完全独断と偏見でさらりと見てみたいと思います。

やはり車が好きな自分としては果たしてイタリア国民に愛される車はどんなだろうと気になります。

先ずマニュアル車が圧倒的に多かったと思います。

そしてわりかしコンパクトな車が多い印象。

で、あまり高級車は見ない感じですかね?

これはやはり一般的な家庭層が現実的に使いやすいサイズ感、価格が絡んでくるんでしょうかね?道路事情含め。

少し古めの車もチラホラ見ました…。

マーチも(笑)。

日本では見ないメーカーも…。

こんなかわいい働く車も…。

イタリアメーカーはやはりフィアットが多く見る機会があったように思います。

稀にアルファロメオも。

アルファロメオはミトが多かったかな?

個人的に此れはファミリーカーに欲しいと思ったのは此れ。

フィアット500L。

此れ、絶対日本で売れそうじゃないですか?

 

 

ざっと駆け足で振り返りましたが個人的に思ったのはどの車もその街の景観や風景に溶け込んでいるなと思いました…。

此れはやはりデザイン含め色なども其処まで考えられているからなのか?

 

近年の日本車は、自身のデザインや色が前へ前へと云う印象です(笑)。結果、街の中でも自然の中でもその風景に溶け込まず主張が強めです…。

いや、勝手な主観ですよ?

 

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA