ターキッシュコーヒーを愉しむ。の巻

ここ2ヶ月ばかり、ターキッシュコーヒー病を患ってました(笑)。

一時は毎日ターキッシュコーヒー飲みました。

其の位、魅力的な飲み物ですね。此れは。

トルコでの珈琲の歴史は古く、約450年前に遡るそうな。

其処から各ヨーロッパ諸国に渡り現在は世界中で(その国の気候風土に合わせた)色々な飲まれ方をされてます。

そんな歴史と浪漫溢れる珈琲の飲み方があるんじゃやってみたくなります。

で、美味しい淹れ方の研究をしてきたわけですが解ったことは以下の事。

・結局は此れも豆次第(1番重要)

・ネットで色々淹れ方が出ているけれど粉、水、砂糖の分量が安定していれば大きくは味は変わらない。

と云う事がわかりました。

 

では、ザックリ淹れ方のおさらい。注1人分

其の1

ジャズべに粉8g水80cc砂糖4g(しっかり甘めが良い方は6∼8g)を入れてスプーンでかき混ぜる。

其の2

火に掛ける

沸騰直前に1度だけスプーンでかき混ぜる。

か、

沸騰直前に火から下してを3回頑張る?

其の3

カップに注ぎ2∼3分待ち上澄みを飲む。

これで美味しいターキッシュコーヒーが愉しめます。

何かこう、エネルギーを貰えるようなそんな珈琲です。

香りよりも、コクを愉しむ感じかな?

 

此のターキッシュコーヒーは味はもちろんの事、大切な友人との大切な時間を共にすることもまた重要な役割を持っているようです。

素敵な考え方ですね。

是非、大切な人と一緒に飲んで下さいまし。

おしまい

 

 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA