「家にある昔のフィルムを手作りのモノクロ写真にしてみる会」。の巻

6月25日の日曜日。

この日は何時もの(笑)よさぶろうさんにて家にある古いフィルムから手焼きの寫眞を焼くと云う貴重な体験が出来るイベントに協賛させて頂きました。

 

午後2時開始と云うことで、約30分前には到着いたしまして準備に取り掛かりました。

2時を回り、お客様も集まったのでゆる~く始まりです(笑)。

ええ、勿論ワタクシもちゃっかり参加していますとも!

先ずは、各々プリントする作品を選びます。私は子供時代のフィルムがあったハズが見つからず、約3年前くらいの物を持ってきました。

 

皆さんプリントする作品も決まったようですので暗室へ移動です~。

一番奥の物が引き伸ばし機。此れでフィルムの像を印画紙へ焼き付けます。引き伸ばし機の寫眞を撮り忘れてました。

黄色のバットが…何液だったかな?まぁ、此処へ引き伸ばし機で焼いた印画紙を入れて少しするとほわ~っと絵が浮かんできます。

で、好みの濃さになったら真ん中のバットへ入れてそれ以上濃くならないように停止させるための液体です。

で、最後に手前のバットへ入れて此処の行程はおしまい。

と云う手順だそうで。

其れでは早速プリント開始です。

この作業中は部屋を暗くするのですが赤ランプでぼんやり明かりをつけることで感光せず手元も見えるようになるんですね。

フィルムをセットし、

サイズとピントを調整し、焼き付け。

しっかり像が浮かび上がりました。

浮かび上がった瞬間は思わず「お~」と声が上がります(笑)。

此方の方は以前にこういうお仕事をされていらしたようで貫禄の作業です。

バナナのたたき売りの寫眞です(笑)。面白いですね~。

此方は私のですよ。

上はハイキーすぎでしたので、露光時間を変えて焼いたのが下の寫眞です。おもしろ~い!

そうしたら流水で良く薬液を洗い流し、

此方の液に入れますが、どちらがどうか?と云う液か失念してしまいました。失礼!

最後はこのように乾燥です。この日は完全には乾かないとのことで後日の受け取りになりました。愉しみ~。

此処までで良い時間になっていて夕食に特製野菜カレーを皆さんで頂きましたよ。

完食(笑)。

いや~、ホントよさぶろう特製カレーは美味しいんですよ。カレー屋さんやってほしいくらいです!

(ちゃっかりお土産に頂いちゃいました。ご馳走様です。)

此処で、お客様もお帰りになって店長さんと副店長さんが片づけをしてくれている間に私は気になるレンズで試し撮りを興じていました。

先ずは、間宮の135mm。

続いてヤシカの200mm。

ん~、どっちも良いではないか(笑)。

今の自分の好みから云うとやや間宮の勝ちかなぁ?と云う感じです。

さて、片付けも終わったようで最後に珈琲を飲みながら店長さん副店長さんとしばしの談笑タイムです。この時間が好きだったりします。

ひとしきりお喋りして最後のほうは霊的な話で盛り上がり副店長さんが怯えたところでお開きです(笑)。

今回もイベントに声を掛けて下さった【こまものやよさぶろう】のスタッフ一同様、今回も愉しいイベントでした。きっと、その内我が家に引き伸ばし機が鎮座する日もそう遠くはない未来でしょう(笑)。

みなさま今回も有難うございました。と、お疲れさまでした。

おしまい

 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA