茶色か白色か…?の巻

コーヒーをペーパードリップで淹れるとき、切っても切れない重要な役割を持っているのがですね?

で、此の紙…。

茶色と白色がある訳でして…。

皆さんはどちらをお使いでしょうか?

 

茶色を選ばれている方の良く耳にする意見として、「なんか良さそう」や「体に良さそう」という、茶色の持つ自然なイメージから手に取っておられる方が多いようです。

確かに、茶色の紙は製造工程上は白色に比べて水を使う量が減るので良い処も在るようです。

が、肝心のコーヒーの味への影響はどうなのでしょう?

はドリッパーに紙をセットしそのままお湯を注いだ後の寫眞です。

気になる方はやってみて下さい。

因みに、茶色は某有名メーカーの物。

白色は三洋産業アバカコーヒーペーパーフィルターです。

 

昔は白色の紙は、塩素漂白。

茶色は無漂白だったので茶色が良いとされたのでしょうが、今は酸素漂白が標準です。

 

ところで此の三洋産業というメーカーさん。

此のにはとても強いこだわりを感じます。

例えば茶色の紙も此方さんでは製造してますが通常白色を作るよりも本当はコストがかからないところをコストをかけてまで本当に質の良い茶色の紙も製造されてます。

最近では焙煎度合いに合わせた紙も開発して販売しているようです。

こんなストイックなメーカーさん、最高です(笑)。

 

で、何を言いたいのかといえば紙は白が良いですよって事です。唯、単純に白を選べば正解でもないんですが…。

 

ペーパードリップは紙が命です!

 

 

紙もか…

 

 

おしまい

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA